DETAILS
詳細

映画祭

UNDERGROUND CINEMA FESTIVAL
〜アングラの巨匠・岡部道男を中心に〜

開催日程
2021.12.01 wed. - 05 sat.

ポップ!アンダーグラウンド!!キャンプ!!!
限りなく自由で美しいカオス…。その素晴らしき世界!!

1960年代より、美術、映画、文学と多彩な活動を続け、2020年9月に82歳で永眠した”アングラの巨匠”岡部道男。近年は独自の美学に貫かれた映画作品が海外で再評価され、映画祭で熱狂的な支持を受けている。
本特集では、岡部の全作品をデジタルリマスター版で一挙公開。映画に登場する、ゼロ次元、告陰、おおえまさのりの貴重な映像作品も同時上映する。
様々なアートがジャンルを超えて融合した、60年代アンダーグラウンドの熱狂を、時代を超えて、今、体感せよ!

https://ucf1.art-saloon.site/

スケジュール

◎12月1日(水)

  • Aプロ 16:30〜18:10
  • Bプロ 19:00〜20:40

◎12月2日(木)

  • Cプロ 16:30~18:00
  • Aプロ 19:00〜21:00

◎12月3日(金)

  • Bプロ 16:30〜18:10
  • Cプロ 19:00〜20:30

◎12月4日(土)

  • Aプロ 13:00〜14:40
    ★トークショー 15:00〜16:00【ゲスト:今井祝雄(造形作家)、林ケイタ(映造作家)】
  • Bプロ 16:30〜18:30
  • Cプロ 19:00〜20:30

◎12月5日(日)

  • Dプロ 11:00〜12:15
  • Aプロ 13:00〜14:40
  • Bプロ 16:30〜18:30
  • Cプロ 17:30〜19:00
  • Dプロ 19:30〜20:45

※各回入れ替え制

入場料
  • 1プロ :1,000円
  • 3プロ :2,500円
  • フリー券:3,000円
上映プログラム
  • A.岡部道男『天地創造説』『貴夜夢富』『少年嗜好』(上映時間:97分)
  • B.岡部道男『クレイジーラヴ』+告陰『幻のブラックフェスティバル 新宿番外地編』ほか(上映時間:100分)
  • C.岡部道男『歳時記』『回想録』(上映時間:90分)
  • D.ゼロ次元『いなばの白うさぎ』+おおえまさのり『GREAT SOCIETY』『BETWEEN THE FRAME』+岡部道男『シロよどこへいく』(上映時間:92分)
岡部道男 (1937-2020)

1960 年代初期より美術家として活動を始め、ネオダダなどの前衛芸術家たちと交流しながら独自の美術作品を発表。’67年には、アメリカのアンダーグラウンド映画に大きな影響を受け、映画製作を開始。70年代後半までに6本の16mmと1本の8mm映画を制作した。スーザン・ソンタグが“キャンプ”と呼んだ独特の美意識を独自の解釈で昇華したその作品は、唯一無比のアンダーグラウンドな世界を作り出している。映画と並行して、ラジオドラマや小説の分野でも活躍。ノスタルジーと怪奇幻想が入り混じる幻想小説を発表した。
近年には海外で映画が再評価。長編『クレイジーラヴ』は世界の映画祭で多数上映されている。2020年9月永眠。2020年11月には米国でネット配信による追悼上映が行われた。

[主催]エス・アイ・ジー/Art Saloon
[共催]]ルーメン・ギャラリー(京都)、はままつ映画祭(浜松)
[協力]岡部基世、末永蒼生、ゼロ次元・加藤好弘アーカイヴ、おおえまさのり、中村雅信、アンダーグラウンド・アーカイブス、アクトグラフ・ラボ、福岡市総合図書館