lumentop
展覧会情報

相原信洋七回忌追悼映像展

new

元祖サイケデリックアニメーションのデジタルリマスター上映


相原信洋は、1944 年に神奈川県に生まれ、デザイン学校で学んだのち、スタジオゼロ やオープロダクションで TV アニメのアニメーターとしての仕事に取り組んでゆく。そ の一方で、1965 年より個人としてのアニメーション制作も開始する。
相原のフィルモグラフィー には、実験的なドキュメンタリーと呼ぶしかない『シェルター』(1980)および『マイ・シェ ルター』(1981)や、家屋の壁面や屋根に映写機からの映像を投影する『リンゴと少女』(1982)、女性のヌードと夕暮れの野原が多重露光される『とんぼ』(1988)など、異 質性を持った作品が幾つも存在する。安易な分類や解釈を拒否する、狭義のアニメーショ ン作家にとどまらない異質性を持ったアニメーション作家、それが相原信洋なのだと思う。(阪本裕文氏フライヤー寄稿文より抜粋)

会期

2017年4月28日(金)〜30日(日)


上映スケジュール

28日(金) ・19:00
29日(土) ・17:00 ・18:30(ゲストトーク) ・19:00
30日(日) ・16:00 ・18:00
※各回 同プログラム

ゲストトーク:阪本 裕文(映像研究者)× 大西 宏志(京都造形芸術大学 教授)


入場料

1,000円
※ゲストトークは無料


感謝

大島 治
阪本 裕文
相内 啓司

※今回上映される作品は JSPS 科研費 15K02184 の助成を受けデジタルリマスターしたものです。

近日開催

鈴鹿芳康 YASU SUZUKA PINHOLE PHOTO EXHIBITION 個展 聖地 sacred places

new

kg_plusKG+ ASSOCIATED PROGRAM


風曼荼羅 WIND MANDALA -日本の聖地より- at galleryMain
風曼荼羅 WIND MANDALA -世界の聖地より- at Lumen gallery

◎特別展示企画 at Lumen gallery

鈴鹿芳康の30年にわたるピンホール写真作品から厳選された特装版ポートフォリオを展示・販売致します。

会期

2017年5月3日(水)〜14日(日)
休廊日:5月8日(月)・9日(火)


時間

13:00ー19:30  *最終日は18:00まで


会場

Lumen gallery + galleryMain


入場料

500円


鈴鹿芳康 Official web site jp.yasusuzuka.com
京都を拠点に世界中で活動を行っている鈴鹿芳康の公式ホームページです。
It is an official homepage of Yasu Suzuka who is acting all over the world based on Kyoto.


主催:galleryMain, Lumen gallery
協力:Awagami Factory


copyright by 光束舎 2016 last update 2016/11/8